--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←最後にクリックお願いします!
2010年06月17日


ラーメン評論家のIT社長とMTG後、桐生の釜飯で超有名な「金釜(きんかま)」へランチで行ってきました。

P1030568.jpg


 

金釜
  住所:群馬県桐生市末広町1-33
  電話:0277-22-4312
  営業時間:11:30~14:00
  定休日:火曜日?
  駐車場:軽自動車2台分


 





「金釜を説明しておこう...」

桐生市末広町の釜飯店「金釜」が22日から復活することになった。ほぼ閉店前のメニューのまま、昼のみ営業する。
同店は創業60年以上の歴史があり、釜飯専門の老舗として地域に長く親しまれてきたが、店舗の老朽化と客の減少、それに店主の竹内文枝さんが足を悪くしたことなどが重なり、2008年6月末に閉店した。店を閉める直前には惜しむ市民らが連日行列をつくった。
一度は建物の解体も考えたが、再開を願う声が多く、店への愛着もあることから「昼の数時間であれば足も大丈夫」と再開を決断した。店内の傷んでいた部分を修繕し、釜飯を炊く設備も新調。竹内さんと妹の下山正子さんとで切り盛りする。
(桐生タイムスより)




そして注文したのは ↓ ↓ ↓

①サラダ
P1030559.jpg
「自家製風?のマヨネーズがたまりません。」



②一口唐揚
P1030560.jpg
「ころもがカリッカリ。ビール呑みたい(笑)」



③釜飯(盛り込み)
P1030561.jpg
P1030562.jpg
P1030563.jpg
P1030566.jpg
「メインが登場いました!具材は卵・キクラゲ・イカ・鶏肉・ミツバ」




母親が大好きで子供の頃からよく来てましたし、桐生に就職してからも前の会社時代、課内の宴会で度々利用しておりましたので大変なつかしく、その当時が思い出される私にとって特別な味でした。今度は母親を連れてきてあげたいと思います。





ラーメンでなく少しイラッとしているようなメーラン社長(笑)
P1030567.jpg





 
スポンサーサイト


←最後にクリックお願いします!

スレッドテーマ:こんな店に行ってきました:グルメ

メイン

コメント


昨日はありがとうございました!

若かりし頃、2人で酔いつぶれて仲町の路地裏で寝てしまったのを思い出してしまいました(笑)
早速、休日にでもいってみま~す♪
■お世話様です。
そんな時代もありましたね~~もう20年も前の出来事です。お互い生活環境は異なりますが立派に?やっていると思います。
また今度、仲町で思い出話を肴に一杯やりましょう♪

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。