--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←最後にクリックお願いします!
2012年03月17日


私たちのビジネスの成功は、お客様をいかに大切な存在として認識できるかどうかにあるといわれています。お客様がいなければ私たちのビジネスは存在することはできませんし、私たちも生活していくことはできないからです。
私たちはともすると、私たちの店や会社があるから、お客様は私たちを頼りにしていると考えがちです。しかし、これは逆で、お客様を頼りにするのは私たちなのです。
お客様は、私たちの店や会社がなくても困ることはないのです。現代は店舗過剰時代で、店はたくさんあり、選択自由です。お客様は、自分を大切にしてくれる店や会社を選び、大切にしてくれない店や会社を選ぶ必要はまったくないのです。
人間は感情の動物で、気分のいい店や会社を選ぶことになりますが、それはお客様をどれくらい大切な存在と思っているかであり、そして、それを態度や言葉で具体的に表現することができるかどうかなのです。
私たちは、本当にお客様を大切に考え、そしてそのための行動をしているか胸に手を当てて考えてみたいものです。

~月刊コミュニケーションブリッジ3月17日~



当たり前のことですが、もう一度良く考えてみたいと思います。

更に我々総務は、そのお各様が様々なお取引先であったり官公庁だったり、そして何より従業員なのだと思います。




スポンサーサイト


←最後にクリックお願いします!

スレッドテーマ:ビジネスブログ:ビジネス

メイン

コメント


はじめまして、ソリューションの岩本です。月刊コミュニケーションブリッジのご紹介ありがとうございます。
当たり前のことが、一番むずかしいのかもしれないですね。
■岩本さん
コメントありがとうございます!

毎朝、参考にさせていただいてます。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。