--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←最後にクリックお願いします!
2012年06月25日


我社も色々な意味で改善が進んでおり、私の所属する部署も今後、更なる業務改善を考えております。

今朝の朝礼の話題がたまたま「作業改善の原則」とありましたので、ご紹介いたします。


月刊コミュニケーションブリッジ6月25日より

作業改善の原則

私たちの仕事は、与えられたことをするというだけでなく、仕事の改善をするということに使命、本質があります。与えられたことをするだけでは機械にとって変わられます。改善は人間でなくてはできないことで、その進め方には原則があります。

「作業改善の4原則」

1.排除・やめられないか―業務の目的をもう一度見直し、その業務は全部または部分的でも止めることはできないかを検討します。

2.結合・一緒にできないか―2つ以上の仕事を一緒にできれば時間短縮など大きな改善効果が期待できます。

3.交換・順序を変えられないか―仕事や作業の順序を入れ替えることで、ネック工程の解消、負荷の均等化などの効果が期待できます。

4.簡単化・単純にできないか―もっと省略したやり方ができれば、工程数の減少、残業の減少などの効果が期待できます。

1がいちばん難しいことですが、最大の改善効果が期待できます。それだけにまず1に挑戦し、それから2、3、4の順序で改善を進めるのが効果的な取り組み方となります。



以上の4原則をもとに改善を進めたいと思います!









スポンサーサイト


←最後にクリックお願いします!

スレッドテーマ:ビジネス:ビジネス

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。